Kaori Tabi Gold Coast Resort Reports

ナチュラルブリッジNatural Bridge

妖精の棲み家は、
静かな森の奥にある。

太古の洞窟の中で、光り輝く妖精に出会う。
ファンタジーのような美しい世界がここにある。

ゴールドコースト空港より
1時間ほど車に揺られて、
空の大きさをそのまま受け止める雄大な山々を
抜けた先にその洞窟はある。

ナチュラルブリッジの洞窟の画像

名前は、ナチュラルブリッジ。
リアルとファンタジーを結びつける
かけ橋のような場所。

ナチュラルブリッジの背の高い樹々の画像

車を降りてまず迎えてくれるのは、
天に向かって
ぐっと突き出た
背の高い樹々たち。

ナチュラルブリッジの木漏れ日の画像

都会の空よりもずっと小さな空なのに、
どうしてこんなに心がやすらぐんだろう。

耳をすませば、名前も知らない虫や鳥の声。
自分が生まれるよりずっと前、
太古の森に迷い込んだ気分になる。

ナチュラルブリッジの植物の画像

これは、絞め殺しの樹。その恐ろしい名前は、土台となる樹にいくつもの樹が絡みついて、最後には、中の樹が枯れ果ててしまうことが由来になっている。 
でも、小さな樹々が生きていくために、十分に育った自分の体を提供している姿には、自然に秘められたやさしさのようなものを感じられた。

ナチュラルブリッジの植物の画像

これは、絞め殺しの樹。その恐ろしい名前は、
土台となる樹にいくつもの樹が絡みついて、
最後には、中の樹が枯れ果ててしまうことが
由来になっている。 
でも、小さな樹々が生きていくために、
十分に育った自分の体を提供している姿には、
自然に秘められたやさしさのようなものを
感じられた。

森の奥へ進んでいくと、
かすかに水の音が聞こえてくる。

ナチュラルブリッジの川の画像

そう思って歩いていたら、
火山の噴火で出来たという川にぶつかった。

ナチュラルブリッジの木の根元の画像

木々が風に揺られて触れ合う音、
わずかに湿り気を帯びた森の香り、

ナチュラルブリッジのキノコの画像

心地よい川の音、苔むす木に生えるキノコ。

いよいよ、森の奥に入り込んでいくと、
水の音はどんどん強くなり、
やがてはドドドドと大きな滝の音になる。

ナチュラルブリッジの洞窟と滝の画像

あたりが暗くなる頃、洞窟の奥に行くと
ようやく出会えるのが美しい妖精の姿。
その正体は土ボタルのグリーンの光。

ナチュラルブリッジの洞窟と滝の画像

あたりが暗くなる頃、洞窟の奥に行くと
ようやく出会えるのが美しい妖精の姿。
その正体は土ボタルのグリーンの光。

それは、まさに天然のプラネタリウム。
有名な物語のモチーフになったとか、
そんな都市伝説が生まれるのも、
この美しさを前にすると納得してしまう。

ナチュラルブリッジの洞窟の中の画像

オーロラや本物のモナリザなど、
生まれたからには、
一度は見てみたいものがある。
そこにゴールドコーストの土ボタルも
ぜひ加えてほしいと思う。
世界遺産としてではなく、
心から自然の美しさと
やすらぎを味わえる特別な場所として。

この地の香りを宿した
ハーブティーはこちら